FC2ブログ

小田実について調べてみました

小田実について調べてみました に関する記事です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

小田実のキーワードがよく目に付くので検索してみました。

Wikipediaで調べてみました。

【以下、Wikipediaより引用】
ウィキマニア2007 in Taipeiは当日の登録も可能です。

小田実(おだ まこと、1932年6月2日 - 2007年7月30日)は日本の作家、平和活動家。
元・代々木ゼミナール英語科講師。
ベ平連創設者。
九条の会の呼びかけ人の一人。
妻は在日朝鮮人(朝鮮籍)の画家・玄順恵(ヒョン・スンヒェ)。
2007年7月30日、胃がんのため東京都内の病院で死去。
享年75

詳しくはWikipediaへ



こんな商品もありました、興味があれば見てください。

小田実全小説
著者:小田実出版社:第三書館サイズ:全集・双書ページ数:407p発行年月:1993年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)ベトナム戦争の後、冷戦期後半の奇妙な平和と無気味な戦前の予感が交錯する、80年代ふう「地球的繁栄」のただなかで生き急ぐ小さな人々を大きくとらえた、小田実的「地球人小説」。【目次】(「BOOK」データベースより)D/河のほとりで/土漠この...

小田実全小説([7])
ガ島  著者:小田実出版社:第三書館サイズ:全集・双書ページ数:397p発行年月:1994年03月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)高度成長というタテマエのもと、平和の真只中でのひたすらの金儲けが、もうひとつのタテマエのもと、戦争の真只中でのひたすらの死に急ぎと重なりあったとき、戦場と市場を通底する小田実的世界に生まれ出たポレミック小説。【目次】(「BOOK...

小田実全小説(〔8〕)
列人列景  著者:小田実出版社:第三書館サイズ:単行本ページ数:448p発行年月:1995年01月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)戦後世界にもうひとつの「ベトナム戦後」が重なるなか、いくさといくさのヒダの間で、引き裂かれつむぎ出された「タダの人」の生と性と政を、「私」小説と「公」小説の間で、描き出していく。「異者の現場」としての小説世界。【目次】(「BOO...

小田実
「タダの人」の思想と文学遊学叢書 著者:黒古一夫出版社:勉誠出版サイズ:全集・双書ページ数:253p発行年月:2002年01月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> 文学史(日本)

小田実のアジア紀行
著者:小田実出版社:大月書店サイズ:単行本ページ数:140p発行年月:2003年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)アジアを、今、大づかみにつかむ。原点をさぐるエッセイ+フォト。【目次】(「BOOK」データベースより)三つの世紀共存するベトナム—解放二十五周年消えた「惨」/不屈な「南」のニワトリたち—独立後は「下からの力」に/カンボジアに自由とゆとり—「...

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://afuneko.blog100.fc2.com/tb.php/438-3e9e8f08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。